Japanese Language School

留学の流れ

(在留申請、入国手続、入学手続、在日生活)

在留資格申請の流れ

  1. 事前に留学情報を調べ、留学目標を明確にした上で留学計画を立てます。
  2. 留学日程が確定すれば、半年以上前に入学申請書類を記入、提出します。
  3. 学校が審査後、入学を許可し、申し込み完了を確認します。
  4. 学校からの指示により、関連の必要審査書類を準備し、学校が指定する期日前に学校へ郵送します。
  5. 学校が申請資料審査後、指定する期日にまとめて東京入国管理局に提出します。
  6. 東京入国管理局から『在留資格認定証明書』が交付されるのを待ちます。

日本入国の流れ

  1. 東京入国管理局より『在留資格認定証明書』が交付され次第、学校は『在留資格認定証明書』、『入学許可書』、『学費請求書』、『資格外活動許可申請書』を一括してスキャンし、返信します。申請者は関連情報に誤りがないかを確認し、学校が指定する空港への無料送迎日程、入学日、クラス分けテスト及び入学式の日程を予め承知しておいてください。
  2. 関連情報に誤りがないか確認後、『学費請求書』に記載の情報に従い、速やかに学費を支払います。
  3. 学校は学費の入金確認後、即『在留資格認定証明書』の原本及びその他必要書類を郵送します。
  4. 申請者は『在留資格認定証明書』の原本受領後、関連書類を揃えた上で、現地管轄地区の日本大使館、領事館またはビザ代理申請機関にビザ申請をします。その後、上陸(入国)許可のビザを取得します。
  5. 入国許可のビザ承認後、渡日に航空チケット購入し、渡日日程を学校に連絡してください。宿泊手配後、出発前に渡日に必要な荷物や一定額の現金を所持した上で、搭乗当日は必ずパスポート『入学許可書』、『資格外活動許可申請書』を所持してください。
  6. 新千歳空港、成田空港、羽田空港、中部空港、関西空港、広島空港、福岡空港より入国した場合、入国管理局空港支局の入国審査官にパスポート、『入学許可書』、『資格外活動許可申請書』を提出後、パスポートに〝上陸許可〝及び〝資格外活動許可〝のシールが貼付されます。併せて、在留カードも発行される。在留カード裏面に〝許可:原則週28時間以内・風俗営業等の従事を除く〝の黒の印が押印されます。上記空港以外より入国した場合、入国管理局空港支局の入国審査官にパスポート、『入学許可書』「資格外活動許可申請書』を提出後、パスポートに〝上陸許可〝及び〝資格外活動許可〝のシールが貼付され、〝在留カード後日交付 日本国入国審査官〝の印が押印されます。日本での居住地が決まれば、14日以内に〝在留カード後日交付 日本国入国審査官〝の印が押印されているパスポートを所持し、居住地域の市(区)役所に居住住所の申告手続きをします。在留カードは登記手続きした居住住所に郵送されます。

備考

  1. 『在留資格認定証明書』が交付日より3ヶ月以内に日本に入国できない場合は、その後日本への入国手続ができなくなるので、注意してください。
  2. 学校が指定する空港への無料送迎日程(15:00以前の成田空港に到着する航空便)の航空チケットを購入している学生は、少なくとも1週間前にはチケット情報及び連絡先を学校に連絡して下さい。学校は担当の先生を手配し、当日の空港から学校への送迎をします。

Access

category

TOKYOIA

  1. 試験に強い、最難関大学・大学院への登竜門
  2. 入学来校の流れ
  3. 合格実績 大学院 東京大学12名京都大学3名 早稲田大学 30名
  4. オリジナル教材
  5. 授業内容
  6. コース概要
  7. カリキュラム
  8. グループ紹介

language

 

学校概要

PAGE TOP